与党有力議員がALPS処理水放出に反対する理由

菅首相の方針は約束違反で説明責任を欠く

東京電力・福島第一原発はALPS処理水のタンクで埋め尽くされている(代表撮影)
自民党の山本拓・衆院議員(元農林水産副大臣)は、同党の総合エネルギー調査会会長代理を務める原子力発電推進派のベテラン議員だ。その山本氏が東京電力・福島第一原発事故で発生した汚染水を浄化処理した「ALPS処理水」の海洋放出に断固反対の論陣を張っている。
政府方針に反対する理由は何か。山本議員にインタビュー取材した。

菅首相は約束を反故にした

――山本議員はALPS処理水の海洋放出反対を明言しています。与党議員でありながら、政府方針にあえて反対する理由は何でしょうか。

政府や東京電力は2015年8月、福島県漁業協同組合連合会(福島県漁連)に対して、「関係者の理解なしにいかなる処分も行わない」という文書を差し入れている。にもかかわらず菅首相は約束を反故にして2021年4月、海洋放出のゴーサインを出した。

福島県漁連のみならず、全国漁業協同組合連合会(全漁連)など多くの漁業関係者が「断固反対」を表明しているのは当然だ。>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「終わりなき福島原発事故」では以下の記事を配信しています。

与党有力議員がALPS処理水放出に反対する理由
 

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT