日産、新型EVの会員サイトに20万人登録の磁力

新車発売前に異例のデジタルマーケティングを展開

日産は発売予定時期の1年前、2020年7月に新型EVを公開した(編集部撮影)

日本の自動車メーカーの中では先行して電気自動車(EV)の展開に力を注いできた日産は、今冬に約10年ぶりとなる新型EV「ARIYA(アリア)」を発売する。先進技術のすべてを詰め込んだアリアは、経営再建からの復活を示すための重要な存在だ。

アリアで特に力を入れている販売戦略がデジタルマーケティングだ。発売に先立ち、日産は「CLUB ARIYA(クラブアリア)」と呼ぶ会員専用サイトを2021年6月に開設した。

会員限定サイトに2つの狙い

専用サイトでは会員限定のメールマガジンに加え、ウェビセミナーやリアルイベントの案内を行っている。また、サイトを通じた予約注文もできる(実際の購入は日産系ディーラーとの手続きが必要)。専用サイトの開設から3カ月余りで会員数は20万人(アメリカで約10万人、日本とヨーロッパで約10万人)と社内目標を大幅に上回る水準だという。

日産にとっても初となる新型車専用の会員サイトの設置には、大きく2つの狙いがある。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「電動化に託す 日産復活」では以下の記事を配信しています。

背水の日産、電動化で試される「存在価値」

インタビュー・内田誠社長
「車の価値が変わる。この1年が正念場だ」

 「EVは簡単」との見方を真っ向否定の事情

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT