TSUTAYAが打ち出した「書店不況」打開の秘密兵器

世界一の出版グループ目指し、AI発注で返品減

「TSUTAYA」や「蔦屋書店」を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブは、旧態依然とする出版業界の革命児となれるか(記者撮影)

2021年6月、書店最大手のカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の蔦屋書店カンパニーは全国の出版社を約150社集め、事業方針説明会を開いていた。

この日のテーマは、業界平均で40%、比較的良好なCCCでも35%にのぼる返品率を10%まで改善する施策だった。具体的には、AI(人工知能)に店舗の立地特性や商圏データ、ジャンルごとの販売情報などを読み込ませ、AIの予測を生かして発注することで、書店への配本数を適正化することだ。

返品率とは、書店が仕入れた書籍などのうち、売れ残って出版社に返品された書籍などの割合を指す。書店による返品が減れば、出版社側は在庫評価損や倉庫代、返品手数料などのコストを圧縮できる。CCCはこうして捻出された利益の半分を、書店に還元する仕組みを構築するのが狙いだ。

だが、CCCの提案に多くの出版社は首をかしげる。>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「激動の出版」では以下の記事を配信しています。

TSUTAYAが打ち出した「書店不況」打開の秘密兵器

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT