味の素も惚れた「植物肉ベンチャー」の差別化技術

メーカーや商社と続々提携、後発で躍進の理由

鶏肉風、豚肉風などに加工し、さまざまな料理に化けるDAIZの植物肉(写真:DAIZ)

設立からわずか5年で味の素やニチレイフーズと資本業務提携を結ぶなど、大手メーカーから引っ張りだこの植物肉のベンチャー企業がある。熊本県に本社を置くDAIZ(ダイズ)だ。

植物肉とは、大豆などの穀物を原料とする”肉”に似せた食材のこと。DAIZでは社名のとおり、大豆を用いた植物肉を開発する。

『週刊東洋経済』8月30日発売号の特集は「すごいベンチャー100」です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

食物繊維が摂れることなどから健康志向に応えられるだけでなく、牛肉と比べ生産過程で出る温室効果ガスが少ないという点でも注目されている。このような理由から、アメリカやヨーロッパでは早くから市場が拡大してきた。

一方、日本国内での浸透はまだまだだ。東京五輪などによる外国人観光客のニーズを見据え、ここ数年でようやく植物肉の開発を加速する動きが出てきた。DAIZはその中でも後発。会社自体は2015年設立だが、植物肉の事業を開始したのは2020年1月だった。

DAIZ創業者の井出剛社長は、熊本県で有機ベビーリーフの栽培・販売を行うベンチャー・果実堂を営んでいた。その中で大豆栽培を研究していた部門が独立し、分社化。これが現在のDAIZの前身である。

植物肉事業を本格始動したきっかけは、井出社長が2019年末に行ったアメリカ視察にあった。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
「東洋経済プラス」ではこれ以外にも、「すごいベンチャー」2021年最新版リストや、過去選出後に急成長した企業のリポート、注目投資家のインタビューをご覧いただけます。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT