遠隔操作ロボの先駆者が描く「未来すぎる働き方」

コンビニの品出しを海外から!大手と次々提携

超低遅延の通信とリアルな触覚再現で、作業者が「まさにその場にいるような感覚」を得ながら作業できる遠隔操作ロボット「Model-T」(写真:テレイグジスタンス)

海外にいる人が、遠隔操作ロボットを駆使して日本国内のコンビニで働く――。そんなSFのような世界が、もう目前に迫っている。

2017年創業のTelexistence(テレイグジスタンス)は、遠隔操作ロボットの開発や関連事業を手がけるベンチャーだ。社名の「テレイグジスタンス(遠隔存在)」とは、現・東京大学名誉教授の舘暲(たち・すすむ)氏によって1980年に提唱された、技術的なビジョンを指す。

『週刊東洋経済』8月30日発売号の特集は「すごいベンチャー100」です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

噛み砕いて言うと、「ロボットや通信技術などを駆使し、遠隔地にあるモノがあたかも自分の近くにあるかのように感じさせる技術体系」のこと。この考えを社会に実装すべく創業されたのが同社だ。

すでにファミリーマートやローソンにおいて、テレイグジスタンスの開発した半自律型遠隔操作ロボット「Model-T」が導入済みだ。

店舗から離れた場所にいる操縦者が、VR(仮想現実)ヘッドセットやコントローラーを装着し、店舗にいるロボットをリアルタイムで操作。バックヤードで行う飲料の陳列作業などをこなしている。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
「東洋経済プラス」ではこれ以外にも、「すごいベンチャー」2021年最新版リストや、過去選出後に急成長した企業のリポート、注目投資家のインタビューをご覧いただけます。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT