未上場株投資FUNDINNO、地銀・証券が注目の理由

ベンチャーの資金調達手段に新機軸打ち立てる

日本クラウドキャピタルの柴原祐喜CEO。当社の設立以前の2012年には、システム開発・経営コンサルティング会社を設立した経験も(記者撮影)

「僕がシリコンバレーに留学していたころ、現地に日本人は全然いなかった。それと同じように、日本のベンチャーも世界で活躍できていなかった」。日本クラウドキャピタルの柴原祐喜CEOはそう話す。日本のベンチャーを応援したい。そんな思いで、2015年に立ち上げたのが同社だ。

『週刊東洋経済』8月30日発売号の特集は「すごいベンチャー100」です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

主力である「FUNDINNO(ファンディーノ)」は日本初となる株式投資型クラウドファンディングサービスだ。同社が独自の基準で選定したベンチャー企業に対し、ユーザーは10万円程度の少額から投資できる。ベンチャーはインターネットを通じ、個人投資家から資金を調達することができるわけだ。

活況を呈しているとはいえ、日本はベンチャーに対する資金供給量がアメリカや中国に比べまだまだ少ない。資金の出し手もベンチャーキャピタル(VC)や事業会社のコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)などに限られ、比較的リスクが少なく投資回収が見込めるミドル・レイターステージのベンチャーに資金が集中してしまう傾向があった。

そこで、資金をよりまんべんなく行き渡らせる一つの方策として、個人投資家とベンチャーを直接つなぐサービスを育成しようというのが同社の試みだ。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
「東洋経済プラス」ではこれ以外にも、「すごいベンチャー」2021年最新版リストや、過去選出後に急成長した企業のリポート、注目投資家のインタビューをご覧いただけます。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT