大成建設ショック襲来、ゼネコン決算に異変あり

建築、土木事業ともに利益率が急降下のなぜ

首都圏の再開発工事は競争激化で採算が低下傾向にある。写真はイメージ(撮影:今井康一)

「大成さんはここまで悪いのか」

8月上旬、スーパーゼネコンのあるベテラン社員は、出そろった大手ゼネコンの決算資料を見比べて思わずうなった。

スーパーゼネコンの一角、大成建設は8月5日、今2022年3月期第1四半期(2021年4月~6月期)決算を発表した。その内容は業界関係者が驚くほどのすさまじい落ち込みだった。

第1四半期の売上高は前年同期比5.4%増の2832億円だったが、営業利益は同80.7%減の33.8億円と大幅な減益だった。営業利益は通期計画に対する進捗率がわずか3.7%にすぎない。同社にとっては、2015年3月期の第1四半期に営業利益15.8億円を計上して以来の低水準だった。

「大成ショック」とも言える低調な決算内容に、株式市場もすぐさま反応した。8月5日の同社株価は一時、前日終値比6.8%ダウンとなる3510円をつけた。その後も3500円前後で推移している。

>>記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「ゼネコン異変」では以下の記事を配信しています。

インタビュー/大成建設社長
「ゼネコン再編の先陣を切る」

下請け建設業者からあがる悲鳴

小型工事に群がる超大手ゼネコン

大成建設の副会長、大和ハウスへ電撃移籍した舞台裏

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT