「誰でも動画時代」を確信したベンチャーの大転換

既存事業を縮小し「動画自動生成」に大胆注力

創業者の高松雄康CEOは、博報堂での勤務や化粧品口コミサイト「アットコスメ」を運営するアイスタイルの副社長を経て、オープンエイトを起業した(記者撮影)

昨今、YouTubeやTikTok、TwitterなどSNSの普及で、すっかり一般化した動画配信。かつて動画を扱うのはテレビ局など一部のメディア企業に限られていたが、現在はそれ以外のあらゆる企業から個人まで、誰もが動画を制作し発信する時代となった。

そんな中、AI(人工知能)の活用によって誰でも簡単に高品質な動画を作成できるツール「ビデオブレイン」で注目を集めるのがオープンエイトだ。今年1月に未来創生ファンドなどを引受先とする第三者割当増資や日本政策金融公庫からの融資で、約30億円を調達。累計資金調達額は約70億円に上る。

定番ツールには高機能ゆえの難点が

『週刊東洋経済』8月30日発売号の特集は「すごいベンチャー100」です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

従来テレビ局や映像制作会社が用いてきた動画編集ツールは、アメリカのアドビが提供する「プレミア プロ」や、同じくアメリカのアップルが手がける「ファイナルカット プロ」などだ。個人の動画制作でも、それを生業とするユーチューバーはプレミア プロを用いるケースが大半で、企業・個人にかかわらずプロ向けのツールとしては定番といえる。

こうした動画編集ツールは、使いこなせば細かな演出も可能で、それこそ地上波テレビ放送にも耐えうる非常に高品質な動画を作成できる。ただ、高機能かつ自由度が高いゆえ、誰もが簡単に扱えるわけではない。また編集に時間がかかるため、熟練度が高くても動画の量産に向かないという欠点もある。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
「東洋経済プラス」ではこれ以外にも、「すごいベンチャー」2021年最新版リストや、過去選出後に急成長した企業のリポート、注目投資家のインタビューをご覧いただけます。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT