厳選!すごいベンチャー100社リスト2021年最新版

業界担当記者が総力取材、「金の卵」はこれだ!

新興市場から重厚長大産業まで、あらゆる領域でベンチャーが活躍している

ベンチャー企業への投資熱が再び高まっている。海外からのマネーも流入し、一度に数十億円、場合によっては100億円を超える資金を調達するベンチャーも、今や珍しくなくなった。

『週刊東洋経済』8月30日発売号の特集は「すごいベンチャー100」です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

本特集では毎年、有望なベンチャー100社を厳選し総力取材。昨年以前の特集で取り上げた各社は除外しており、ニューフェイスばかりだ。新たな市場として勃興する「フェムテック」の担い手や、「物流」「インフラ・不動産」のような重厚長大産業への挑戦者まで、領域も多岐にわたる。

今年は資金調達額の大きさや事業・技術の独自性などを基準に、編集部の「厳選7社」も選定。誌面には収まりきらなかったストーリーを、「東洋経済プラス」のオリジナル拡大版記事として配信している。

ベンチャーを知れば、経済の根深い課題も見えてくる。多難な時代を乗り切るヒントを、起業家たちの奮闘ぶりから読み解いてほしい。

>>100社リストはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
「東洋経済プラス」ではこれ以外にも、過去の「すごいベンチャー」選出後に急成長した企業のリポートや注目投資家のインタビューをご覧いただけます。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT