異業種を食う「ドラッグストア」快進撃のカラクリ

百貨店やスーパー、調剤チェーンまでも脅かす

マツモトキヨシの調剤併設型のドラッグストア(写真:編集部撮影)

コロナ禍でも、ドラッグストアが「我が世の春」を謳歌している。

経済産業省が発表した直近7年分の小売りの主要チャネル別の売上高を見ると、ドラッグストアは右肩上がりで成長。2020年は前年比6.5%増だった。

一方でスーパーは、2020年の売上高は巣ごもり特需もあり、前年比13.0%増だったものの、それ以前は停滞が続いていた。さらにコンビニは同4.4%減、百貨店に至っては同25.4%減と、ドラッグストアとは対照的な状況だ。

コンビニ超えを狙うドラッグストア

そんなドラッグストアの売上高は、2019年には百貨店を逆転、次は店舗数が飽和状態にあるコンビニエンスストアの背中をとらえている。

人口減少の影響などで小売業界の成長が鈍化する中、なぜドラッグストアは成長を続けることができるのだろうか。

その秘密はドラッグストアの店内に行けばわかる。ドラッグストアの草分け的存在として知られる業界6位の「マツモトキヨシホールディングス」。マツキヨの店舗では、化粧水であれば、500mlで650円の低価格帯から、200mlで3960円の高価格帯のものまで幅広く取りそろえている。

>>記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「侵食するドラッグストア」では以下の記事を配信しています。

地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力

「ドラッグストア」快進撃のカラクリ

「マツキヨ・ココカラ」合併に見る再編の行方

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT