ミニストップ「強気の新契約」に募る加盟店の不安

9月に「脱コンビニ会計」の契約運用始まるが・・・

ミニストップは9月から、新しいフランチャイズ契約へと順次移行する(記者撮影)

「不可能なことを平気で言っている。これは夢物語だ」――。

吐き捨てるようにそう話すのは、コンビニ業界4位・ミニストップの加盟店オーナーだ。不満の矛先は、ミニストップが導入する新たなフランチャイズ契約に向けられている。

新契約への切り替えは9月から順次始まる。しかし加盟店側の手元に残る利益を増やすことが容易ではなさそうだとわかると、この加盟店オーナーの落胆の色は濃くなった。

業界の注目を集めた新契約

新契約の概要が発表されたのは2020年9月のこと。大手コンビニの常識を覆す内容だと、業界からは大きな注目を集めた。

当時、ミニストップの藤本明裕社長は「(創業以来)40年間、適切な契約の改正をしてこなかったと反省している」、「われわれが考えているのは、いわゆる『コンビニ会計』からの脱却だ」と述べていた。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「コンビニの袋小路」では以下の記事を配信しています。

ミニストップ「強気の新契約」に募る不安

コンビニ経営を見限る加盟店オーナー

人事評価に翻弄される”哀しき本部社員”

「見切り販売」はなぜ浸透しないのか

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT