「パナ傘下入り」に懸けたソフトウェア企業の思惑

パナソニックの買収受け入れ決めた3つの期待

ブルーヨンダーのギリッシュ・リッシCEO(右)は、パナソニックの傘下に入ることに対する3つの期待を明かした(左写真:ヒラオカスタジオ撮影、右写真:パナソニック提供)
パナソニックが2021年に買収するアメリカのブルーヨンダーは、サプライチェーンマネジメントのソフトウェア開発における世界有数の企業だ(東洋経済プラスでは、前編後編に分けてパナソニックが約7800億円を投じる買収の内幕に迫った)。
7月29日に発表されたブルーヨンダーの2021年4~6月期の売上高は、前年同期比12%増の2億7200万ドル(約299億円)。そのうち約7割を、クラウドサービスの提供やソフトウェアのライセンスなどサブスクリプション型の収益が占める。
コロナ禍では、多くの企業がサプライチェーンが寸断されるなどの事態に直面した。サプライチェーンのあり方への関心が高まる中、ブルーヨンダーは安定した収益基盤を固めつつある。順調な成長を続けるさなかでパナソニックの傘下入りを決めた理由とは。ブルーヨンダーのギリッシュ・リッシCEO(最高経営責任者)に聞いた。

革新的な製品を生み出せる

――新型コロナウイルスの感染拡大により、サプライチェーンへの関心が高まりました。

新型コロナによって、世界的にサプライチェーンやEC(電子商取引)の重要性について認識された。どこで生産し、どこに在庫を置くかなど、グローバルでのサプライチェーンのバランスのとり方に対する関心も高まった。

そこで最も重要なのは、日々の変化に対応するための(部材や製品の)需給関係の可視化だ。(需要予測などを手がける)ブルーヨンダーは、サプライチェーンマネジメントのためのソフトウェアを提供する最大の独立系プロバイダーとして、世界中の顧客との戦略的な関係を深めている。

――企業価値が高まる中、なぜパナソニックによる買収を受け入れたのでしょうか?

株式公開(IPO)を目指していたところ、パナソニックから買収について声を掛けてもらった。パナソニックとの協力関係を3年かけて築いてきたが、今年(2021年)の3~4月に、同社の傘下に入ることがブルーヨンダーやすべてのステークホルダーにとって正しいと確信した。

パナソニックの傘下に入る価値は大きく3つある。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「パナソニック 覚悟の一手」では以下の記事を配信しています。

逆風の社内で「7800億円買収」の攻防

新社長「就任目前」で買収に同意した胸中

「全責任とる」樋口泰行専務の危機感

「パナ傘下入り」に懸けたアメリカ企業の思惑

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT