「全責任とる」、巨額買収主導のパナ役員の危機感

キーマンが明かすブルーヨンダー買収の内幕

パナソニックの樋口専務は、ブルーヨンダー買収によって「もう一度(パナソニックを)グローバルに通用する企業にする」と語った(撮影:ヒラオカスタジオ)
71億ドル(約7800億円)でサプライチェーン効率化を手がけるアメリカのソフトウェア企業、ブルーヨンダーの買収に踏み切ったパナソニック。東洋経済プラスでは前編後編に分けて、買収をめぐる社内の攻防や新旧社長が決断を下した経緯に迫った。この巨額買収を主導したキーマンが、樋口泰行代表取締役専務だ。
パナソニックの法人向けシステム事業を担うコネクティッドソリューションズ(CNS)社を率いる樋口氏は、新卒で入社した松下電器産業(現パナソニック)を一度退社。日本マイクロソフト会長などを務めた後に、古巣に復帰した異色の経歴を持つ。大胆な買収に懸けた経緯と狙いについて、樋口専務に聞いた。

過去の買収では「傲慢」だった

――ブルーヨンダーとは2019年に業務提携を結び、2020年に同社株を20%取得して協業関係を築いてきました。提携や出資を通じ、すでにパナソニック社内で変化は起きていますか。

私自身、日本マイクロソフトなど外資企業を経験して、いかに日本企業の経営において近代化が遅れているかを感じてきた。例えば、日本ではついこの間までクラウドを使うという概念すらなかった。

ブルーヨンダーがパナソニックのファミリーになることで、彼らから学び、刺激を受けて(全社が)キャッチアップしていこうとする。パナソニック全体を変革するためのテコとして大きい要素だ。

売り方でも、ブルーヨンダーはパイプライン管理(営業活動の流れを可視化して分析・改善をする手法)などを取り入れ、営業を科学している。社内情報のシェアのあり方や組織のアカウンタビリティ(説明責任)の設定の仕方など、すべてにおいて先を行っている。(パナソニックは)もっと勉強しないといけない。

――一方でパナソニックはこれまで、数々の巨額買収で成果を出せずに終わっています。例えば1990年代の映画大手MCA(現NBCユニバーサル)の買収では、自社商品のハードウェアを売るためにコンテンツを活用することを優先した結果、シナジーを出せませんでした。

MCA買収当時のパナソニック(当時松下電器産業)は傲慢で、われわれが(本社のある)大阪・門真から世界を動かしていると当時の私も勘違いしていた。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「パナソニック 覚悟の一手」では以下の記事を配信しています。

逆風の社内で「7800億円買収」の攻防

新社長「就任目前」で買収に同意した胸中

「全責任とる」樋口泰行専務の危機感

「パナ傘下入り」に懸けたアメリカ企業の思惑

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT