テスラ「利益1000億円」が示す実力と次のハードル

四半期ベースで売上高も利益も過去最高に

テスラの利益率は既存の自動車メーカーと比べても遜色がなくなってきた。写真はイーロン・マスクCEOが来日した2014年(撮影:尾形文繁)

電気自動車(EV)メーカーのテスラが大きな関門を越えた。

7月27日に発表されたテスラの2021年4~6月(第2四半期)決算は、営業利益が13.1億ドル(売上高比率11%)、純利益が11.4億ドル(同9.6%)と、いずれも四半期で初めて10億ドル(約1000億円)を突破した。

四半期ベースの黒字額が単に大きくなっているだけではない。利益の“質”も変わってきている。

>>記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「自動車 電動化への大号砲」では以下の記事も配信しています。

テスラ「利益1000億円」の実力と次の課題

トヨタの株価上昇、テスラは頭打ちの理由

インタビュー/ホンダ 三部敏宏社長
 「脱エンジン」に舵を切った真意

ハイブリッド技術に強い日本の難しい立場

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT