パチンコ「ガイア店舗撤退」で大激変する勢力図

トップ5常連が陥落、跡地に地方ホールが進出

2021年5月に閉店したガイア神田東口店。ガイアは店舗網を急速に縮小させている(記者撮影)

「近所の好立地の店がなくなって驚いた」

「あそこの経営状況は注視している」

パチンコ業界関係者がいま、もっとも注目しているのがパチンコホール大手・ガイアの動向だ。

同社は2010年ごろに全国で約190店を展開するなど、業界2強のマルハンとダイナムジャパンホールディングスとともに全国チェーンとして存在感を発揮していた。売上高ランキングでもトップ5の常連だった。

しかし、最新の2019年度の売上高は6位に後退。2020年6月時点で店舗数は136店まで縮小している。

店舗の多くは地場企業に譲渡

過去2年間分の官報を確認すると、ガイアが同業他社に店舗の経営権を譲渡したのは少なくとも12件ある。

このうち、全国チェーンに譲渡したケースは、2020年12月にマルハンが承継を決めた宮城県のケースだけ。多くは地場企業に店舗を譲っている。

例えば、2021年7月に「メガガイア函館港店」(北海道函館市)を譲り受けることが決まったベガスベガス。同社の本社は現在東京だが、ルーツは山形県で店舗網の多くは東北・北海道に展開している。

>>記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「パチンコ下克上」では以下の記事を配信しています。

パチンコ「ガイア店舗撤退」で大激変する勢力図

パチンコ地方勢が2強食らう「下克上」の熾烈

「大阪のパチンコ王」、最大手マルハン追撃の真意

大阪の新興ホールが描く「パチンコのデパート化」

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT