セブン&アイ、「アメリカ重視」がもたらす光と影

コンビニ事業の「日米逆転」が現実となる日

アメリカのセブン‐イレブン店舗。日本と違い、ガソリンスタンドの併設店が中心だ(写真:セブン&アイ・ホールディングス)

予定から遅れること1年3カ月、セブン&アイ・ホールディングス(HD)が2021~2025年度の中期経営計画を発表した。最大の特徴は、北米のコンビニ事業を今後の成長ドライバーと位置付けた点にある。しかしそのことが、一部関係者の間にこんな“推測”を招いている。

「アメリカ子会社を率いるデピント社長は、日本のHDのコントロール下からいずれ独立・離反するのでないか。ファンドと共同してスピンオフを狙う可能性はある」

アメリカの子会社とは、テキサス州ダラスに本拠を構え、北米のコンビニ事業を主に展開する「7-Eleven,Inc」(以下、アメリカ・セブン)を指す。2005年からジョセフ・マイケル・デピント社長が経営トップを務める。

このアメリカ・セブンとの関係が外部からどう見られるかについては、セブン&アイ・HDも意識する。同社が7月1日に行った中期経営計画の説明会では、「北米事業の存在感が高まる中で日本に本社機能を置く意義は何か」と問われることにも備えていたようだ。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「セブン 5年後の絵姿」では以下の記事を配信しています。

セブン、「アメリカ重視」がもたらす光と影

データで見る!日米セブンの「意外な差」

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT