トヨタ、過熱する「電池投資合戦」に慎重な理由

競合他社は次々と電池工場新設に乗り出すが…

トヨタは2025年までにグローバルでEVを15車種導入する。写真は2022年発売予定のEVのコンセプト車(写真:トヨタ自動車)

新型コロナの収束が見通せない中、自動車業界は主要市場の旺盛な新車需要に支えられ、活況を呈する。筆頭は昨年、5年ぶりに世界販売首位に返り咲いたトヨタ自動車だ。

同社が8月4日に発表した2021年4~6月期決算は、売上高が7兆9355億円(前年同期比72%増)、純利益が8978億円(前年同期の5.6倍)で、いずれもこの時期としては過去最高を記録した。

北米や中国、日本といった主要市場で販売が好調だった。トヨタはコロナ禍でも、SUV(スポーツ用多目的車)を軸に新型車種を計画どおり投入。加えて、半導体不足の影響を限定的にとどめたことで、他メーカーの顧客を獲得した。

ただ、2022年3月期の業績予想は、東南アジアのコロナ感染拡大や半導体不足、原材料高騰などを理由に据え置いた。売上高は30兆円(前期比10%増)、純利益は2兆3000億円(同2%増)を見込むが、足元の状況が続けば、過去最高だった2018年3月期の純利益を超えそうだ。

カギを握る電池の安定調達

コロナ危機からいち早く抜け出し、再び成長軌道に乗るトヨタ。今後は世界で進む脱炭素の流れにタイムリーな対応ができるかが焦点になる。トヨタは2030年の世界販売で1000万台をもくろむが、そのうちEV(電気自動車)とFCV(燃料電池車)合わせて200万台、HV(ハイブリッド車)とプラグインHVで600万台を見込む。

EVは1台当たりの電池容量がHVの50~100倍に上る。トヨタも2030年の計画達成には、現在の30倍の180ギガワット時の電池容量が必要になると試算する。電池は現状EVの製造コストの3~4割を占めるほか、安全性確保のために輸送コストもかさむ。そこで、域内でいかに安く安定的に調達できるかが、競合との競争でカギを握る。

トヨタの決算発表と同じ日、日産自動車のアシュワニ・グプタCOO(最高執行責任者)の姿が茨城県庁にあった。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。自動車関連のデジタル特集では以下の記事を配信しています。

ホンダ・三部敏宏社長インタビュー
「脱エンジン」に舵を切った真意

日産・内田誠社長インタビュー
復活託す電動化戦略への期待と課題

軽自動車の電動化に「2つのハードル」

トヨタ「新型MIRAI」が見せた技術進化

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT