幹部は「銀河系軍団」、躍進アンドパッドの思惑

各界のスターが経営参画、業容拡大へアクセル

アンドパッドの稲田武夫社長(右)と植野大輔上級執行役員CMO。植野氏はファミリーマートのスマートフォン決済「ファミペイ」の立ち上げ指揮を執った人物(提供:アンドパッド)

「あの植野大輔さんがアンドパッドに移ったと聞いたが、本当なのか」

今年初め、小売業や建設業の関係者がざわついた。植野氏は、ファミリーマートでデジタル戦略部長としてスマートフォン決済「ファミペイ」の立ち上げ指揮を執った人物として知られる。その‟大物”が2021年1月、建設プロジェクト管理アプリ「ANDPAD」を展開するアンドパットの上級執行役員CMO(マーケティング責任者)に就任したのだ。

三菱商事やボストンコンサルティンググループ、そしてファミリーマートを経た植野氏は、2020年3月に独立し、DX(デジタルトランスフォーメーション)支援企業を立ち上げたばかりだった。

稲田社長「僕はもう、決めていますから」

そんな折、アンドパッドにも出資するグロービスキャピタルパートナーズの紹介により、植野氏は2020年6月に同社幹部と、同8月にアンドパッドの役員と、そして同9月にアンドパッドの稲田武夫社長と相次いで接触。アンドパッドの経営に参画してほしいというラブコールを受けた。

独立直後の植野氏だ。当初、アンドパッドへの参画に乗り気ではなかった。ただ、稲田社長などから、非効率な作業が目立つ建設業界におけるDXの必要性を熱心に語られ、次第に心が揺れた。建設業こそ自身の経験や知見を生かせる領域なのではないか、変革の覚悟を持つ経営者を支えられないか……。

「銀河系軍団」――。各界の有名人が居並ぶアンドパッドの経営陣について、複数の業界関係者がそう評する。実際、同社がこの1、2年で役員として招聘したのは植野氏だけでない。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
毎年恒例、『週刊東洋経済』での最新100社の発表を前に、過去の「すごいベンチャー」選出後に急成長した企業のリポートや注目投資家のインタビューを随時掲載します。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT