パチンコ地方勢が2強を食らう!「下克上」の熾烈

大阪の「2強」が大手マルハン、ダイナムを猛追

パチンコホール最大手のマルハンが、新宿駅前の一等地の店舗を突如閉店した(記者撮影)

「パチンコ業界の厳しい現状を象徴するような撤退だった」

パチンコ台メーカー幹部は最近、パチンコホール業界で起きている「異変」をまざまざと痛感している。

というのも、2021年5月9日、パチンコホール運営の最大手マルハンが新宿駅から徒歩1分の超一等地にある新宿店を突如閉店したからだ。

同店はパチンコやスロットを合計543台そろえる中規模店で、1998年にオープン。前述のように立地は最高で、以前は同社の旗艦店と位置付けられていた。

逆風続きのパチンコホール経営

くしくも同じ日、ホール業界6位の大手ガイアも、JR神田駅から徒歩1分の神田東口店を閉店した。同店もパチンコ台やスロットを462台そろえている。ガイアは2008年度に約160店舗だった店舗を2019年度に約130店舗まで縮小。2021年に入り、府中市や平塚市、座間市、函館市で店舗の経営権を譲渡している。

マルハンの場合、パチンコ台など1160台をそろえる大型店の新宿東宝ビル店を2015年にオープンし、新宿エリアの店舗整理を進めていた。だが、ガイアは事情が異なる。

業界関係者によると、「ガイアは積極的に店舗を売りに出している。取引先の金融機関が経営状況に厳しい目を向けていて、店舗の整理を促しているのではないか」という。

都心の駅前、一等地でなぜパチンコホールの撤退が相次ぐのか。それはほかでもない、ホール各社の経営が厳しいからだ。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「パチンコ下克上」では以下の記事を配信しています。

パチンコ地方勢が2強食らう「下克上」の熾烈
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT