ウェブ翻訳の「黒子ベンチャー」36億円調達の底力

大企業が続々導入、多言語対応に圧倒的な強み

エンジニア出身の創業者、林鷹治CEO(右)と、大手監査法人出身で公認会計士資格を持つ上森久之COO(左)が二人三脚で会社を成長させてきた(提供:Wovn Technologies)

日本企業のウェブサイトでも、今や日本語を話す日本人だけが読むとは限らない。企業の公式サイトやネット通販(EC)、旅行などの予約サイトからSaaS(Software as a Service)などの法人向けサービスまで、ユーザーは世界中にいる。サイトに限らず、スマートフォンアプリも同様だ。

ウェブサイトやアプリの多言語対応は多くの企業の課題だ。多言語化すれば各言語の検索結果にも表示されるため、ネット上での集客を増やせる。「グーグル翻訳を使えばいいんじゃないか」という声も聞こえてくるが、画面のデザインが崩れたり、正確な翻訳でなかったりすることも少なくない。

強みは「痒いところに手が届く」技術群

そんなサイトやアプリの多言語化作業を効率化するサービスを展開するベンチャーが、Wovn Technologies(ウォーブン・テクノロジーズ)だ。過去、『週刊東洋経済』2020年8月22日号「すごいベンチャー100 2020年版」でも紹介している同社が、7月28日、国内外の投資家からの約36億円という大型資金調達を発表した。

ウェブサイトに同社の提供する専用タグを埋め込むと、システムがサイト内を回遊し、登場単語集を自動で作成。機械翻訳や人による作業で対訳を作る。一度対訳が保存されると、サイト内の文脈に合った翻訳スタイルがどんどん学習されていく。

国内外の大企業への導入も着々と進捗。そんなウォーブンの強みは、各社で仕様の違うサイトに合わせた多言語翻訳を巧みに実現する点にある。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
毎年恒例、『週刊東洋経済』での最新100社の発表を前に、過去の「すごいベンチャー」選出後に急成長した企業のリポートや注目投資家のインタビューを随時掲載します。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT