JR貨物「2030年の完全民営化」目指す収益シナリオ

真貝康一社長が明かす「総合物流企業化」の狙い

「鉄道を基軸に総合物流企業を目指す」と語るJR貨物の真貝康一社長(撮影:今井康一)
JRグループ7社のうち、残る未上場会社はJR北海道とJR四国、日本貨物鉄道(JR貨物)の3社となった。2016年のJR九州に続き、次の上場はJR貨物だとみられているが、上場への道程は平坦なものではない。
上場の前提条件となる業績の安定化やJR旅客各社から借りている線路使用料の問題など、上場前に乗り越えるべきハードルは高い。これらの課題にどのように向き合い、上場までの道筋を描くのか。JR貨物の真貝康一社長に聞いた。

自然災害があっても経常利益140億円を稼ぐ

――JR貨物が1月に発表した「長期ビジョン」では、基本方針として「2030年の完全民営化」を掲げています。

2021年3月期はぎりぎり黒字を確保したとはいえ、新型コロナの影響をかなり受けた。完全民営化するには収益力の向上とともに、安定性も備えなければならない。

2017年3月期と2018年3月期に連結経常利益100億円台を達成した。2024年3月期に連結経常利益140億円以上を目指しているが、いまの段階では、収益が安定的とはまだ言えない。

2018年に西日本豪雨が発生し、山陽線が100日間不通になり、2019年3月期の連結経常利益は45億円に落ち込んだ。今後、このレベルの自然災害が起きても140億円以上の経常利益を確保できる体質に改善できれば、ここが(完全民営化に踏み切る)目安になる。>>この記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「JR貨物vsJR旅客」では以下の記事を配信しています。

JR貨物、線路使用料「30年戦争」への秘策

JR貨物「2030年の完全民営化」に向けた収益シナリオ

関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT