大和ハウス、デジタル化で挑む売上高10兆円の壁

ハウスメーカーの雄は建設業の何を変えるのか

連結売上高4兆円を超える大和ハウス工業(撮影:今井康一)

「デジタル化で、全社のビジネスモデルを変えていきたい」

ハウスメーカー最大手、大和ハウス工業の南川陽信・上席執行役員が語る建設デジタル化の狙いは明快だ。工業化=プレハブ化によって変革してきたこれまでの建設生産システムを抜本的に見直し、新たなイノベーションを起こそうというのである。

売上高は4兆円を超え、いまや日本最大の建設会社となった同社が思い切ったイノベーションに取り組む背景には、2003年に亡くなった創業者・石橋信夫氏の遺志があるのは間違いない。

他社に先駆けてデジタル化を推進

「創業100周年を迎える2055年には売上高10兆円を達成する」

この長期目標を実現するため、新たな一歩を踏み出すことを決断したのだろう。大和ハウスはいま、何を変革しようとしているのか。

「BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング、三次元設計施工)導入についても勉強して取り組んでいきたい」

2017年9月に行われた社長交代会見で、大和ハウスの芳井敬一社長はそう強調した。>>この記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「ゼネコン異変」では以下の記事を配信しています。

「大成がゼネコン再編の先陣を切る」

大和ハウスが目指す「住宅の心を持ったゼネコン」

大成建設の副会長、大和ハウスへ電撃移籍した舞台裏

建設市場は氷河期だが、ビジネスチャンスもある

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT