受験塾が様変わり!AI教材「アタマプラス」の猛進

教育ベンチャーとして資金調達額が最大規模に

AI教材「atama+」を手掛けるatama plusは7月21日に約50億円の資金調達を発表。教育テックベンチャーとしては異例の規模だ。稲田大輔CEOは「1000社が導入待ち。人が足りないことが最大の課題」と話す(撮影:梅谷秀司)

学習塾の授業風景が大きく変わりつつある。

教室に規則正しく座る生徒たちは全員、ひたすらiPadとにらめっこ。問題を解いたり、解説を読んだり、動画を見たりしている。教壇には講師はいない。黒板はあるが、きれいなままだ。

学習塾大手の駿台予備学校は2021年4月から、タブレットやパソコンで勉強できるAI(人工知能)教材「atama+(アタマプラス)」を導入した。AIが一人ひとりの学習でつまずく原因を特定し、その生徒専用のカリキュラムを作成するという教材だ。高校の数学、英語、物理、化学、生物のほか、中学校の英語、数学、理科、社会、今年からは小学校の算数も加わった。

例えば数学で「二次関数」の問題がうまく解けない場合、過去の学習履歴などから十分に理解できていない単元を洗い出し、そこに戻って解説を読んだり問題を解き直したりすることを促す。「入試範囲の習得まであと10時間」というように、生徒自身で学習の進捗度を確認することもできる。

足元では1000社が「導入待ち」

アタマプラスを使った学習は、ただ単に生徒が黙々と教材を進めるだけでなく、講師などがコーチングすることも特徴だ。指導者向けのアプリが提供されており、一人ひとりがいつどれくらい勉強したのか、単元をどれくらい理解しているかといったデータを得られる。これらを基にすれば、生徒にきめ細やかなアドバイスができる。

この教材を手掛けるのが、教育ベンチャーのatama plus(アタマプラス)だ。2017年4月に創業し、同7月から教材の提供を開始。駿台グループのほか、Z会グループ、城南進学研究社(城南予備校)など集団・個別問わずさまざまな塾で活用されており、2021年6月には導入教室数が2500を超えた。前年4月は1000教室だったため、1年で2倍以上となる急成長だ。

「足元では1000社が導入待ち」(稲田氏)と、事業は大繁忙。全国の塾から引っ張りだこになる理由は、その効果の高さにある。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
毎年恒例、『週刊東洋経済』での最新100社の発表を前に、過去の「すごいベンチャー」選出後に急成長した企業のリポートや注目投資家のインタビューを随時掲載します。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT