増える「民間学童」公立との違いや選び方を解説

習い事が豊富・学区外の友達ができる利点も

学童保育について「公立と民間の違いがよく分からない」といった声も。ご家庭の状況に合わせて選ぶ目安をご紹介します(写真:CHANTO WEB編集部)

保育園に通うお子さんがいる家庭では、小学校入学後、放課後を過ごす場所として「学童」こと学童保育(放課後児童クラブ)を予定していることでしょう。

地域によっては、公立の学童がいっぱいで待機児童が出ているところもありますが、それを補うように民間の会社が運営する「民間学童」も増えてきています。

今回は、学童保育について「公立と民間の違いがよく分からない」「わが家にはどっちが合っているの?」といった疑問にお答えしていきます。

民間学童・児童クラブとは?公立とどう違う?

学童保育は通称「学童」と呼ばれていますが、厚生労働省では「放課後児童クラブ」という名称で統一しています。

当記事は、『CHANTO』の提供記事です。

その厚生労働省が2020年末に発表したデータによると、全国にある学童保育の数は現在約2万6000か所。

そのうち、市町村などの自治体が設立運営している「公立公営」の学童は約30%で、設立運営とも民間の会社が行う「民立民営」の施設は約22%。残り半分にあたる約48%は、設立は国や自治体ですが運営は社会福祉法人やNPO法人などが請け負う「公立民営」の保育園です。

公立公営…30.4%
公立民営…47.9%
民立民営…21.7%

民営の学童の割合は前年度と比べて3%増、これからも増えていくのではないかと予想されています。

公立の学童は、小学校の空き教室や敷地内、または児童館などにあることが多く、通学路や学校の側で見かけるのはおおむね公立の学童と考えてよいでしょう。

次ページ公立の学童に共通するのは?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT