他人の不幸に「快楽を覚える人」のための処方箋

闇というのは誰もが持ち合わせている

実は心のどこかで他人の不幸を喜んでしまう自分がいることに、心当たりのある方は少なくないのではないでしょうか(写真:Graphs/PIXTA)
人生100年時代を幸せに生きるには、「プラス思考で生きるための転換力」が重要なようです。浄土真宗本願寺派 超勝寺の住職、大來尚順さんによる連載「人生100年時代を幸せに生きる明日への一歩」。エンターテイメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボにより一部をお届けします。

他人の不幸を面白いと思ってしまう悪癖

絶対に他人には言えないけれど、実は心のどこかで他人の不幸を喜んでしまう自分がいることに、心当たりのある方は少なくないのではないでしょうか。

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

もちろん周りの方の不幸事に対し、不憫(ふびん)に思ったり、心配したり、同情したり、ときとして手助けすることはあると思います。しかし、心の奥底では自分に不幸事が起こらなくてよかったと安堵し、結局は自分のかわいさゆえに、自分の身を守ることに徹してしまうことが、実は誰しもあると思います。

あるとき、たまたま会食の席で隣り合わせになったご縁で、1人の方が神妙な面持ちでふと胸中を打ち明けてくださった方がおられました。その方は、長年ボランティア活動や社会貢献活動に精力的に携わられ、周囲からも信頼される方でした。

その方は、自分は長い歳月をかけて人のためと思いながらいろいろな活動をしてきたが、結局は全部自分のためだと仰いました。きっとどこかで人の不幸を面白いと思っている自分がいる。そんな自分が嫌で仕方ない。それを誤魔化すために今でもがむしゃらに動くのだとも告白されました。

きっと、少なからず同じような思いを心のどこかに秘めている人は多いのではないでしょうか。

そんな方に気持ちを楽にしていただける方法をご紹介します。

この問題は、言い換えるならば「自分は闇を抱えている」ということになると思います。人には見せたくない、自分でも認めたくない自分の姿があるということです。

実は私自身、同じ悩みを抱えています。この問題に直面したのは学生時代でした。当時、何か人のためにできることはないかと模索し、必死に勉強し、困っている人を助けたいという一心で、さまざまなボランティア活動やデモ活動に参加していました。

それは社会人になっても変わりませんでした。それは猪突猛進という言葉がピッタリの姿だったと思います。

しかし、あるときふと自分の闇の姿に気がつきました。それは心の根底では、「自分は正しいことをしている」「自分は偉い」という、結局は承認要求や自己満足している姿でした。つまり、表面上は世のため人のためと言いながら、実は全部自分のためだったということです。

次ページ「自己肯定しているだけではないのか」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT