三井住友FG、静かな「広告事業」開始の重要な意味

電通グループと共同で設立する新会社の狙い

三井住友FGは電通グループと新会社を設立した(写真左:編集部撮影、右:今井康一)

「現在、みなさんがイメージしている銀行とは違う形になるし、それにこだわる必要はまったくない」。三井住友フィナンシャルグループ(FG)の太田純社長がそう述べてきた将来の「銀行像」の一端が見えてきた。

7月8日、三井住友FGは電通グループと共同で新会社「SMBCデジタルマーケティング」(出資比率は三井住友FG66%、電通グループ34%)を設立し、広告・マーケティング事業に参入すると発表した。

三井住友銀行が持つ顧客の属性や利用履歴などの情報を基に、三井住友銀行アプリなどに広告を配信する。例えば、結婚をした人に対してマイホーム・家具の広告を表示したり、シニア層に対して旅行プランの広告を表示したりする。

三井住友が持つ保険やカードのようなサービスだけでなく、三井住友や電通の顧客からも広告を募って広告収入を得るのが狙いだ。これまで、金利や手数料が収益源だった銀行にとってまったく畑が違う。早期にビジネスを展開するため、業界最大手の電通グループと手を組んだ。サービス開始に当たり、プライバシーポリシーの改定を8月10日に予定している。

近年、決済プラットフォーム事業や電子契約サービスなど、三井住友FGはさまざまな分野で新会社を設立している。新しい銀行像を実現するための取り組みだが、今回の広告事業は少し重みが違うだろう。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。

東洋経済プラスで公開中の「2021年版 地方銀行ランキング」をもご覧ください。無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。

100社のうち30社が“赤字”
「本業利益」ランキング

健全性、収益性、成長性で採点
「総合」ランキング

トップと最下位で2倍以上の差
「自己資本比率」ランキング

ワースト1位は唯一の10%超え
「不良債権比率」ランキング

焦点は「1県3行」エリア
「全国地銀マップ」で次の再編を占う

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT