日野といすゞ、「電動化時代」に手を組む必然

危機感が生んだライバル同士のタッグ結成

日野自動車が2022年に発売する小型低床のEVトラック。同社初のEVで、主に都市部の宅配用トラックとしての使用を念頭に置いている(写真:日野自動車)

ネット通販の普及などで繁忙を極める配送業界。その「ラストワンマイル」を担う宅配用の電動トラックが近く登場する。

名称は「日野デュトロZ(ズィー)EV」。日野自動車が同社初の量産EV(電気自動車)として開発を進める小型低床トラックだ。道幅が狭い都市部の住宅街でも使いやすい小さめの1トン積み車で、普通運転免許で運転できる。フル充電時には約100キロメートルの走行が可能だ。

デュトロZEVは荷台の床の高さが地面から40センチメートルと一般的なトラックの半分以下。モーターなど電動コンポーネントの多くを運転席下に収納したうえで、トラックでは珍しい前輪駆動にして荷台下のプロペラシャフトをなくし、超低床化を実現した。また、運転席から直接、後ろの荷室に移動できるウォークスルー構造にもなっている。

人口の多い都市部になると、宅配ドライバーは1日で100回以上の乗り降りを繰り返す。荷台が低く、かつ、運転席から直接荷室に移動できれば、荷物の積み卸しの作業が格段に楽になる。

配送現場の負担軽減につなぐ

「カーボンニュートラルへの貢献だけなく、EVの特性を活かし、配送現場の困りごと解決に役立つトラックを目指した」と、開発チームの責任者を務める日野の東野和幸・チーフエンジニアは話す。年内に国から車両認可を取得した後、宅配事業者によるテスト使用を経て、2022年初夏に市場投入する予定だ。

自動車産業は今、電動化や自動運転、コネクテッド(車と外部の通信接続)など、「CASE」と呼ばれる先進技術の導入・普及に向けた大変革期を迎えている。それは乗用車だけでなく、貨物トラックやバスなど商用車の分野でも同じ。中でも急がれるのが電動化への対応だ。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「トラック CASE最前線」では以下の記事を配信しています。

日野といすゞ、「電動化時代」に手を組む必然

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT