黒字を死守する「日経」、赤字に転落「朝日」の明暗

ビジュアルデータで見る新聞社のリアルな序列

右肩下がりの新聞業界において、日経の3位浮上が現実味を帯びてきた(記者撮影)

主要紙5社が例外なく苦戦する新聞業界。そんな中、発行部数3位の毎日新聞と並びつつあるのが日本経済新聞だ。

2位を走る朝日新聞の背中は遠い。ただ、グループ全体の収入では、2015年にイギリスのフィナンシャル・タイムズ・グループ(FT)を買収したことで差を縮め、2019年度には日本経済新聞社が朝日新聞社を逆転した。

>>2社の20年前と現在の年収比較や朝日新聞社の不動産リストはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「企業データ徹底比較」では以下の記事を配信しています。

黒字を死守する「日経」、赤字に転落「朝日」の明暗

パナソニックとソニー、10年で大差ついた稼ぎ方

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 住みよさランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT