大成建設の副会長、大和ハウスへ電撃移籍のわけ

大手ゼネコンからハウスメーカーへ異例の転身

大成建設から大和ハウス工業へ移籍した村田誉之氏(67)。建設業界に豊富な人脈を持つと言われる(撮影:田所千代美)

「え、まさか」

5月14日、ハウスメーカー最大手、大和ハウス工業の本社(大阪市北区)にある会議室で、驚きの声があがった。

同社の芳井敬一社長はこの日の役員会で、スーパーゼネコンである大成建設の村田誉之副会長(当時)を6月29日付で大和ハウスの取締役副社長・技術統括本部長として迎え入れると報告した。建築分野で豊富な経験を持つ「大物」の移籍の知らせに、出席した役員の多くが目を丸くした。

【2021年7月19日10時20分追記】初出時の記事の一部に誤りがありました。お詫びの上、表記のように修正いたします。

「格下」のハウスメーカーへの転身

特に、建築部門のトップである浦川竜哉取締役は、「これは大変なことだ。あらためて気を引き締めて経営にあたらなければ」と漏らしたという。

役員会の後、村田氏の副社長就任が公表されると、業界関係者はいっせいにざわついた。「このようなトップ人事は聞いたことがない」(複数の業界関係者)。5月中旬に行われた大和ハウスと大成建設の決算説明会ではそれぞれ、「この役員人事にはどういう狙いがあるのか」という質問が相次いだ。

関係者が驚愕したのは無理もない。ゼネコンからハウスメーカーへの移籍は極めて異例だからだ。>>記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「ゼネコン異変」では以下の記事を配信しています。

大成建設の副会長、大和ハウスへ電撃移籍した舞台裏

下請け建設業者が悲鳴をあげている

村上ファンドがやってきた

2021年最新版!「超割安ゼネコン」ランキング

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT