再生医療ハートシード「660億円契約」獲得の内幕

日本のベンチャーが製薬世界大手とタッグ

心筋細胞が1000個凝集した心筋球。注射器のようなデバイスで投与する。右は福田恵一社長(提供:ハートシード)

「リ・マスキュラリゼーション」――。「再筋肉化」の意味を持つ、慶応大学医学部循環器内科の福田恵一教授の研究開発コンセプトだ。

福田氏はiPS細胞による重症心不全の再生医療を開発するHeartseed(ハートシード)の社長でもある。同社については過去、『週刊東洋経済』2020年8月22日号「すごいベンチャー100 2020年版」でも掲載した。

そのハートシードが6月、デンマークに本社を置く世界屈指の製薬大手・ノボノルディスク(以下、ノボ社)と、全世界を対象とする技術提携・ライセンス契約を締結した。

ハートシードは一時金等の5500万ドル(約60億円)を含め、最大で総額5億9800万ドル(660億円)を受け取る見通しだ。

世界の心不全患者は2600万人

国内のバイオ再生医療関連ベンチャーでは、オンコリスバイオファーマが2019年4月、開発中の腫瘍溶解ウイルスで中外製薬(スイスの製薬大手・ロシュの傘下)と総額500億円超の契約を締結している。今回のハートシードのケースはこれを上回り、国内で過去最高水準の契約額となった。

ノボ社との契約により、ハートシードの開発エリアは国内から一気に全世界に広がる。ノボ社日本法人のオーレ・ムルスコウ・ベック社長は「世界の心不全患者は2600万人とされ、大きなアンメットメディカルニーズ(未充足の医療ニーズ)がある。できるだけ早く両社で開発を進めたい」と積極的だ。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
毎年恒例、『週刊東洋経済』での最新100社の発表を前に、過去の「すごいベンチャー」選出後に急成長した企業のリポートや注目投資家のインタビューを随時掲載します。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT