日産幹部「EVは簡単」との見方を真っ向否定の事情

電動化担当役員が語る「EV先駆者」の自負と課題

10年前からEVを販売してきた日産は競争が過熱する中、先駆者の強みをどう生かすのか。写真は今冬に発売予定の「アリア」(編集部撮影)
電気自動車(EV)と独自のハイブリッド車(HV)技術「e-POWER(eパワー)」を柱とした電動化戦略を描く、日産自動車。その指揮を執る、パワートレイン&EV技術開発本部担当の平井俊弘専務執行役員は「2030年までに、EVでガソリン車並みの利益を出すことを目指したい」と語る。
日産は他社に先駆けてEVの販売を手がけてきた自負がある。自動車メーカー各社がカーボンニュートラルに向けて電動化へと突き進む中、どう競争力を高めるのか。平井専務に聞いた。

EV、やれるならやってごらん

――日産では、競合に先駆けて10年前から量産型EV「リーフ」を手がけてきました。

10年間やってみないとわからないことがある。「EVはすぐ(開発)できる」と言っている人たちがたくさんいるが、「やってごらん」という感じだ。

われわれは電池から絶対に事故を起こさないよう、慎重に、確実に進めてきた。これからはエネルギー密度(体積や重量当たりのエネルギー容量、発電効率を示す指標)をさらに上げていかないといけない。そうすると電池1つ1つのエネルギーが増えるわけで、安全性はより重要になる。

電池の劣化についても、モニターをしながら顧客がどういう使い方をすると劣化しやすいかといったデータをグローバルで集めてきた。これは劣化を抑えるための制御技術の部分でも大きな成果で、長持ちする電池の開発に役立つ大きなアセットだ。

だからこそ、何度も言うが「EVはすぐできる」というのは無理だと思う。

――一方でEVはガソリン車に比べて販売価格の高さがネックです。中でも電池のコスト低減が課題ですが、どう開発を進めていきますか。

日産として(EVで主流とされる)液体リチウムイオン電池はまだまだ進化させる。(高価な希少金属の)コバルトの使用をなくしていき、エネルギー密度を上げる。コストを下げながら、性能を上げる技術開発を続けていく。>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「電動化に託す 日産復活」では以下の記事を配信しています。

背水の日産、電動化で試される「存在価値」

日産自動車 内田社長「車の価値が変わる。この1年が正念場だ

日産自動車 電動化担当役員「『EVはすぐできる』というのは無理な話だ」
 

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT