日産が「背水の勝負」、電動化で試される存在価値

連続大赤字から「2つの柱」で反転攻勢に挑む

業績低迷やブランドイメージの悪化にあえいでいた日産が、反転攻勢の準備を整えつつある。右は今冬投入予定の新型EV「アリア」(左:記者撮影、右:日産自動車)

10日間で予約受注4000台――。

6月中旬、日産自動車で電動化を担当する平井俊弘専務執行役員の元に、これ以上ない吉報が届いた。驚きの声を上げる役員もいた。

日産が今冬に投入する10年ぶりの新型電気自動車(EV)「アリア」が、予想以上の予約受注(日本専用限定車が対象)を獲得したからだ。発売がこれからのため購入確定ではないが、新型EVへの関心の高さがうかがえる。

「間違いなく自信を持って提供できる車だ」。平井専務は、ブランドの新たな象徴と位置づける新型EVに確かな手応えを感じている。経営再建中の日産にとってアリアの投入は、復活に向けた反転攻勢の号砲にほかならない。

業績回復へ差し込む光明

日産は今2022年3月期に世界販売台数440万台(前期比8.6%増)、2期連続の赤字だった営業損益はプラスマイナスゼロへと浮上を見込む。

2020年5月に発表した中期経営計画「日産ネクスト」では、2022年3月期に営業利益率2%を目標として掲げているが、材料費の高騰や半導体不足による生産停滞などが重くのしかかる。こうした経営リスクをどれだけ緩和できるかが、今期の業績を左右する。>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「電動化に託す 日産復活」では以下の記事を配信しています。

背水の日産、電動化で試される「存在価値」

日産自動車 内田社長「車の価値が変わる。この1年が正念場だ

日産自動車 電動化担当役員「『EVはすぐにできる』というのは無理な話だ」
 

 

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT