アマゾンジャパン「物流のドン」退任が招く波紋

物流の自前化を進め「脱ヤマト依存」が加速

アマゾンジャパンで物流部門を統括するジェフ・ハヤシダ氏。1960年東京生まれで、アメリカ国籍を持つ。ポートランド州立大学卒業。写真は2019年(撮影:山内信也)

2000年11月に日本へ上陸し、2020年度の売り上げが約2.2兆円まで拡大したアマゾンジャパン。事業拡大に不可欠な物流部門を長年率いてきたジェフ・ハヤシダ氏が、2021年7月末でその職務から離れることが東洋経済の取材でわかった。

ハヤシダ氏は2005年にアマゾンジャパンの物流部門のディレクターとして入社。2011年に同社の社長に就任し、翌年から物流部門を統括してきた。関係者によると、物流部門のナンバー2としてハヤシダ氏を支えてきた鹿妻明弘氏はすでに退職しているという。

アマゾンジャパン広報は、鹿妻氏の退職やハヤシダ氏の退任及び後任の人事について「現時点でお答えできることはない」としている。

世界展開するアマゾンの中で日本市場は4番目に大きい。年間で推定5億個の荷物を取り扱い、国内のEC市場では圧倒的な存在だ。急成長に合わせて物流システムの構築を指揮してきたハヤシダ氏の退任は、業界関係者に驚きを持って受け止められている。

>>記事の続きはこちら

この記事の続きは無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「EC物流狂騒曲」で以下の記事も配信しています。

アマゾン「物流のドン」退任が招く波紋

楽天とのタッグに透ける日本郵便の焦り

ヤフーの出店者が驚いたヤマトの「格安配送」

ヤマトの「サクセスストーリー」に残る懸念

“ヤマトと心中”ヤフーのEC責任者が激白

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT