名門「オンキヨー」が筋の悪い増資で迎えた末路

万策尽きて債務超過を回避できず上場廃止に

オンキヨーは2021年3月期に債務超過を脱せず、上場廃止が決まった(編集部撮影)

AV機器老舗のオンキヨーホームエンターテイメント(オンキヨー)が2021年8月1日に上場廃止となる。同社は2020年3月末に約34億円の債務超過に転落。2021年3月末も自己資本は約25億円のマイナスとなり、「1年以内に債務超過の状態でなくならなかったとき」という東京証券取引所の上場廃止基準に抵触した。

オンキヨー製スピーカーには根強いファンがいるせいか、上場廃止はそれなりのニュースとして扱われた。しかし、経営や財務の観点からみると今回の結末に意外感はない。

業績を振り返ると過去10期のうち8期で最終赤字。スマートフォンで手軽に音楽を楽しめる時代に高級なオーディオシステムの市場が縮小した。売り上げの減少に固定費削減が追いつかなかったのだ。過去10年間の最終損益を累計すると285億円の赤字となる。

MSCB、MSワラント……

ちなみに、2011年3月末の自己資本は約61億円しかなかった。2016年3月期第3四半期から企業の存続が危ぶまれる「継続企業の前提に関する注記」が決算資料に記されており、2018年12月末以降は取引先に対する営業債務の支払い遅延も生じていた。

ギリギリの綱渡りの状況が続く中、何とか上場を続けてこられたのは、株券を刷って投資家から資金を補ってきたからだ。

オンキヨーが頼ったのは一般的な第三者割当増資や公募増資ではない。いわゆるMSCB(行使価格修正条項付き転換社債)やMSワラント(行使価格修正条項付き新株予約権)、さらにはMS新株発行など筋のよくないファイナンスの連発だった。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「ファイナンス最前線」では以下の記事を配信しています。

名門「オンキヨー」筋の悪い増資で迎えた末路

レオパレス、投資ファンドが570億円を投じた「真意」

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT