名門「オンキヨー」が筋の悪い増資で迎えた末路

万策尽きて債務超過を回避できず上場廃止に

オンキヨーは2021年3月期に債務超過を脱せず、上場廃止が決まった(編集部撮影)

AV機器老舗のオンキヨーホームエンターテイメント(オンキヨー)が2021年8月1日に上場廃止となる。同社は2020年3月末に約34億円の債務超過に転落。2021年3月末も自己資本は約25億円のマイナスとなり、「1年以内に債務超過の状態でなくならなかったとき」という東京証券取引所の上場廃止基準に抵触した。

オンキヨー製スピーカーには根強いファンがいるせいか、上場廃止はそれなりのニュースとして扱われた。しかし、経営や財務の観点からみると今回の結末に意外感はない。

業績を振り返ると過去10期のうち8期で最終赤字。スマートフォンで手軽に音楽を楽しめる時代に高級なオーディオシステムの市場が縮小した。売り上げの減少に固定費削減が追いつかなかったのだ。過去10年間の最終損益を累計すると285億円の赤字となる。

MSCB、MSワラント……

ちなみに、2011年3月末の自己資本は約61億円しかなかった。2016年3月期第3四半期から企業の存続が危ぶまれる「継続企業の前提に関する注記」が決算資料に記されており、2018年12月末以降は取引先に対する営業債務の支払い遅延も生じていた。

ギリギリの綱渡りの状況が続く中、何とか上場を続けてこられたのは、株券を刷って投資家から資金を補ってきたからだ。

オンキヨーが頼ったのは一般的な第三者割当増資や公募増資ではない。いわゆるMSCB(行使価格修正条項付き転換社債)やMSワラント(行使価格修正条項付き新株予約権)、さらにはMS新株発行など筋のよくないファイナンスの連発だった。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「ファイナンス最前線」では以下の記事を配信しています。

名門「オンキヨー」筋の悪い増資で迎えた末路

レオパレス、投資ファンドが570億円を投じた「真意」

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT