アサヒ「生ジョッキ缶」が売れに売れた3つの勝因

注文は想定の3倍、生産が追いつかず出荷停止

生産が追いつかず一時休売している「生ジョッキ缶」(記者撮影)

「ビールが最も売れる夏、これからと言うときに供給が逼迫しているのはとても惜しい」

アサヒビールが販売する「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」の商品開発を手がけた、同社マーケティング本部の中島健氏は悔しそうに話す。 

今年4月6日、コンビニエンスストア限定で発売されるやいなや、想定の3倍もの注文が殺到。延べ3日で、4月に予定していた98万ケースを超える注文が来たため、生産が追いつかずやむなく出荷を停止した。

ジョッキ感覚で生ビールを飲める缶

生ジョッキ缶は、中味は「スーパードライ」と同一だ。違いは缶にある。従来の缶ビールで一般的なプルタブとは違い、食品の缶詰のように缶の上部全体が開く。開けるとたちまちモコモコと白い泡が吹き出し、まるで居酒屋のジョッキで飲むように、香りとクリーミーな泡を味わえる商品だ。

4月20日にスーパーなど全業態で一般販売を開始したが、同じく想定超の需要に対応できず、翌日出荷停止に至った。その後は6月15日、7月13日、8月3日、9月7日と月に一度、数量限定での販売となっている。

供給のネックとなっているのは蓋部分の製造能力。目下製造ラインを増強中で、10月から12月にかけて現在の倍以上に強化する計画だという。一部消費者からは「炎上商法ではないか」との声も上がる事態だが、同社としても最盛期である夏の需要を取りこぼしてしまうのは避けたいことだ。

「当初は年間400万ケース売れれば新商品として十分だと思っていた」(中島氏)商品が、なぜここまで注目を集めたのか。そこには3つの要因がある。

>>記事の続きはこちら

無料の東洋経済ID登録で記事の全文がお読みいただけます。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT