世界で通用「国際バカロレア」のメリットと注意点

多くは私学、認定高校の学費は「年間150万超」も

「国際バカロレア」とは、世界共通の総合的な教育プログラムのこと。日本での国際バカロレアの普及状況とは……(写真:CHANTO WEB編集部)

最近、教育系の番組やネットで「国際バカロレア」という言葉を見かけたことはありませんか?

当記事は、『CHANTO』の提供記事です。

国際バカロレアは、世界共通の総合的な教育プログラムで、英語の「International Baccalaureate」を略して「IB」とも呼ばれます。

今回は、国際バカロレア(IB)で子供たちはどう学び、将来にどう生かすのか、日本での国際バカロレアの普及状況などを紹介します。

そもそも「国際バカロレア」「IB」ってなに?

国際バカロレアは、スイスのジュネーブにある国際バカロレア機構が提供する国際的な教育プログラムで、「International Baccalaureate」を略して「IB」と呼ばれることもあります。

対象年齢は3~19歳で、次の4段階に分かれています。
PYP (Primary Years Programme) 3-12歳
精神と身体の両方を発達させることを重視したプログラム。どのような言語でも提供可能。
MYP (Middle Years Programme) 11-16歳
青少年に、これまでの学習と社会のつながりを学ばせるプログラム。どのような言語でも提供可能。
DP (Diploma Programme) 16-19歳
所定のカリキュラムを2年間履修し、最終試験を経て所定の成績を収めると、国際的に認められる大学入学資格(国際バカロレア資格)が取得可能。原則として、英語、フランス語又はスペイン語で実施。
IBCP (Career-related Programme) 16-19歳
生涯のキャリア形成に役立つスキルの習得を重視したキャリア教育・職業教育に関連したプログラム。一部科目は、英語、フランス語又はスペイン語で実施。
(引用元:文部科学省IB教育推進コンソーシアム)

日本の小中高の学年分けとは異なりますが、3番目のDP (Diploma Programme)を修了すれば、日本の高校を卒業したのと同じように大学を受験できます(ちなみに、フランスには国民の80%が取得する「バカロレア」という国家試験があり、合格者は大学入学資格を持つことができますが、「国際バカロレア」とはまったく関係はありません)。

国際バカロレアが生まれた背景には、両親の仕事の関係で世界各国を転々とする子供たちの存在がありました。

次ページ日本の「国際バカロレア」認定校ではどう学ぶの?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT