明治安田生命、「営業職員1割増」を目指す真意

新社長が打ち上げた次世代型の営業スタイル

明治安田生命の新社長に就任した永島英器氏は「次世代型営業チャネル」への意欲を語る(撮影:今井康一)

「次世代型営業チャネル」への移行を何としても成功させたいーー。

そう力を込めて語るのは、7月2日に明治安田生命の社長に就任した永島英器氏だ。

永島氏は、2013年から8年間にわたって社長を務めた根岸秋男・前社長の後任として、2021年4月からスタートした新しい中期経営計画の実行に取り組む。

同社が新中計の中で成長戦略の柱として位置付けているのは、「国内生保」「資産運用」「海外保険」の3つの分野だ。特に、国内生保においては営業・サービス改革に着手し、次世代型営業チャネルへの移行を推し進める。

「いくら給与がもらえるか、わからない」

明治安田生命の場合、1年間に獲得する保険料(個人保険・個人年金保険の新契約年換算保険料)の約9割が営業職員経由だ。同社には約3万6000人(2021年3月末時点)の営業職員が在籍しており、職員の活動内容や営業の成果が同社の不沈のカギを握っていると言える。

だが、営業職員の処遇は安定していない。>>記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「問われる保険営業」では以下の記事を配信しています。

再燃するハローワーク前の「採用活動」

日本生命、コロナ禍でも「対面でアポイント」

「営業職員の仕事と処遇が見合っていない」

生保レディ「大量採用&大量脱落」の悪循環

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT