日本ミャンマー協会、沈黙貫く「キーマン」の真意

渡邉秀央会長は国軍クーデターに何を思うのか

2021年1月、ミン・アウン・フライン国軍司令官(中央右)と会談する渡邉秀央会長(中央左)(写真:ミン・アウン・フライン国軍司令官のホームページ)

軍事クーデターが起きたミャンマーで、1月中旬にミン・アウン・フライン国軍司令官やアウン・サン・スーチー国家顧問と面会した後、クーデターが勃発した2月1日をはさんで現地に滞在した人物がいる。

ミャンマービジネスに関わる日本企業約130社でつくる、日本ミャンマー協会の渡邉秀央会長(86)だ。

渡邉氏は、中曽根内閣で内閣官房副長官、宮澤内閣で郵政相を歴任し、衆議院議員は6期、参議院議員2期を務めた。ミャンマーについては、30年以上にわたって同国政府や国軍と緊密な関係を築いてきた稀有な人物だ。

軍事クーデターが勃発し、多数の市民が殺害されているミャンマーの現状を、渡邉氏はどう思っているのか。在日ミャンマー人の間では、渡邉氏や日本ミャンマー協会に対し、ミャンマーの現状についての公式見解を明らかにするよう求める声が強まっているが、渡邉氏や協会はこれまで沈黙を貫いている。東洋経済の取材要請にも応じていない。

波紋を呼んだ「寄稿文」

そうしたさなかの5月、外交専門メディア「The Deplomat」に、渡邉会長の子息で日本ミャンマー協会事務総長を努める渡邉祐介氏による寄稿文が掲載され、関係者に波紋を広げている。

寄稿文には国軍のクーデターを擁護していると解釈されうる内容が含まれており、日本の対ミャンマー外交について、経済制裁を強める欧米とは一線を画すべきだと明確に指摘しているためだ。>>記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「ミャンマーと日本」では以下の記事を配信しています。

国軍を擁護?日本ミャンマー協会会長の真意

ミャンマーの平和実現へ「国軍偏重外交」を見直せ

クーデターで表面化する日本企業の人権リスク

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT