スズキを牽引し続けた鈴木修会長の「置き土産」

株主総会で振り返った63年のスズキ人生

株主総会場を手を振って退出する鈴木修会長と、その様子を見守る修氏の長男で社長の俊宏氏(写真:スズキ)

6月25日、スズキの鈴木修会長(91)は株主総会が行われたグランドホテル浜松・鳳の間で最後の挨拶を行った。

「私がスズキに入社してから、63年が経過いたしました。そのうち、社長、会長として経営を担当したのは43年間ありました。この間、数多くの失敗をしでかしました。しかし、失敗から多くを学び、成長することができました。株主の皆さん、お取引先の皆さんありがとうございました。ただ、メーカーは作っておしまいでありません。作って、売ってなんぼでございます。売ってくださる全国の代理店さんをはじめ、4万店を超える販売店の皆様ありがとうございました」

「そして、スズキ製品をお使いいただいているお客様に、スズキを愛してくださるすべての皆さんに、感謝、感謝いたします。ありがとうございました。なお、同時に退任いたしました原山(保人副会長)は会長補佐として表に出ない黒子役に徹してくれました。同じく杉本(豊和常勤監査役)君は取締役、監査役としてこれまた表に出ない財務体質の強化を進めてくださいました。どうぞ2人立ってください。10年を超える2人の貢献に心から感謝を申し上げたい。一緒に株主の皆さんにお礼を申し上げましょう。ありがとうございました」

3人がお辞儀をすると、会場は大きな拍手に包まれた。

拡大に生かした提携戦略

修氏がスズキに入社したのは1958年のこと、2代目社長だった鈴木俊三氏の娘婿として迎えられた。1978年に4代目の社長に就任した。当時、スズキの連結売上高は3232億円、2020年度は約3.2兆円で、社長、会長の在任期間に企業規模は10倍に膨らんだ。

スズキが拡大する中で活用してきたのが提携戦略だ。最初の大きなパートナーはアメリカの自動車メーカーだった。

>>記事の続きはこちら
(無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます)

東洋経済プラスの「スズキのカリスマ引退」では以下の記事を配信しています。無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。

「91歳のカリスマ」引退が示す大転換期

鈴木修会長インタビュー
(週刊東洋経済2016年10月8日号)

「辞めろと言われたら、最高の花道だ」

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT