ゼクシィが「幸せ一色」の誌面から転換した真意

一変した市場でどう戦う?事業責任者を直撃

新郎新婦のニーズを反映し、特集の内容や誌面の構成を刻々と変化させている(撮影:今井康一)
結婚を考える男女のバイブル『ゼクシィ』。コロナ禍ではメインの広告主である結婚式場各社が宣伝費削減を敢行する影響で、苦戦を強いられている。
激変するマーケットで、どう生き残っていくのか。また、男女の結婚観、結婚式観はコロナ禍を経てどう変化するのか。リクルートで結婚領域などのメディアソリューション事業を統括する早川陽子氏に話を聞いた。

業界にとって「初めての危機」

――ウェディング業界はコロナ禍で、実際どの程度影響を受けましたか。

結婚式はコロナ以前、年間約1.4兆円の産業規模だった。それが2020年は約0.4兆円にまで縮んで、損失は1兆円に上った。コロナ以前から婚姻組数は毎年1.4%ずつ減少していたが、これが2019年から2020年にかけて一気に12%減った(2019年は59.9万組、2020年は52.4万組)。

遠方に住む親御さんへの挨拶ができないので入籍を先送りするなど、さまざまな事情が影響したのだろう。

こういう危機は、実は結婚式業界にとって初めてのこと。結婚式はリーマンショックの後も、東日本大震災の後も、ほとんど影響を受けなかった。どんな不況のときも「ハレの日」である結婚式を行いたいという需要は根強かったし、一度予約した式場をキャンセルするカップルも平常時は1割を切る程度しか存在しない。

そういう意味で、事業者にとって結婚式は減少傾向でも非常に見通しの利きやすいビジネスだった。ゼクシィも、リクルートグループ内のほかの事業が苦しいときにも成長し続けてきた。だけど去年、それが一変した。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「結婚式企業サバイバル」では以下の記事も配信しています。

縮むホテル挙式で「ハイエンド開拓」進む勝ち組

コロナ直撃、「結婚式企業」の脆弱すぎる事業構造

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT