エーザイ悲願の「認知症薬」大化け期待とハードル

承認前についた「物言い」を吹き飛ばせるか

FDAに承認された「アデュへルム」。アメリカではすでに使用が始まっている(写真:エーザイ)

一度は“死んだ”薬が日の目を見た。

米国の食品医薬品局(FDA)は6月7日、製薬大手エーザイと米バイオジェンが共同開発していたアルツハイマー型認知症治療薬「アデュヘルム」(一般名アデュカヌマブ)の製造販売を承認した。世界で初めて、アルツハイマー病の原因物質に直接働く治療薬が誕生したことになる。

アルツハイマー病の患者は、軽度認知障害(MCI)の患者も含めると世界で5000万人、日本国内にはそのうち560万人がいると推定されている。そうしたアルツハイマー病の患者と家族にとって朗報なのはもちろん、エーザイにとっても巨大市場で新薬の開発に成功した経営上のインパクトは計り知れない。

発表日からエーザイ株には買い注文が殺到。2日連続でのストップ高となった。足元の株価は、発表前に比べ5割高くなっている。

これまでのアルツハイマー病薬には病気の進行を根本的に止める働きはなく、症状を一時的に緩和するだけ。病気の根本原因に作用し、病状の進行を遅らせる薬はない。世界の死因トップ10の中で、予防法や治療法が確立されていないのはアルツハイマー病だけだ。

それだけに世界の巨大製薬企業はこぞってアルツハイマー病薬の開発に取り組んできた。だがほとんどの開発は失敗し、製薬企業や一部の研究者の間には治療薬開発への悲観論もささやかれていた。

>>記事の続きはこちら
(無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます)

週刊東洋経済プラスで以下の記事を配信しています。無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。

悲願の「認知症薬」大化け期待とハードル

インタビュー/エーザイCEO 内藤晴夫
「根本的な治療が視界に入った」

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT