レオパレス、投資ファンドが570億円投じた「真意」

2021年3月期は「債務超過」、上場廃止の瀬戸際に

2019年5月、施工不良問題に関する第三者委員会報告書が出た後、記者会見に臨む深山英世社長(中央、当時)らレオパレス21の経営陣(撮影:風間仁一郎)

「レオパレスは債務超過なのか」――。

施工不良問題で経営不振にあえぐレオパレス21が5月に発表した2021年3月期決算。同社が発表した決算短信では、純資産は32億円のプラスなのに、自己資本比率は5.3%のマイナスという珍妙な出来事が起きた。

純資産の32億円から、非支配株主持分の113億円と新株予約権の3.8億円を差し引くとマイナス84億円になる。これがいわゆる自己資本で、東京証券取引所は、この自己資本をもとに上場廃止か否かを判定する。ちなみに、東証はコロナ禍を理由に、債務超過となった場合の上場維持のための猶予期間を従来の1年から2年に延長している。

レオパレスが特異だったのは、純資産合計を上回る巨額の非支配株主持分があることだ。

>>記事の続きはこちら

無料の東洋経済ID登録でこの記事の全文がお読みいただけます。デジタル特集「ファイナンス最前線」では以下の記事を配信しています。

レオパレス、投資ファンドが570億円を投じた「真意」

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT