トヨタの株価上昇、テスラの頭打ちを読み解く

1万円を突破したトヨタの株価に2つの要因

トヨタとテスラの株価が対照的な動きを見せている

「現在の株式市場での評価は(テスラに)完全に負けているが、われわれもそれを横で見ているだけではなく、確実に手を打っている」

2020年11月の決算説明会、アメリカの電気自動車(EV)専業メーカー・テスラに対する見解を問われたトヨタ自動車の豊田章男社長は、そう語っていた。

テスラの株価上昇はその後も続き、時価総額は一時8000億ドル(約80兆円)を超えた。が、今年に入ってテスラの株価が頭打ちとなる一方、トヨタは株価上昇が続き、両社の“差”が詰まってきている。

トヨタの株価が上場来高値を更新し、時価総額が30兆円に突破した6月初め、豊田社長は「リアルな事業や雇用を抱え、設備投資や開発投資をしている。『リアルな経営』が市場に評価されたのであれば、ありがたい」と口にしていた。そして、6月16日の株主総会前日には初めて株価が1万円を超えた。

では、両社の株価動向の要因は何か。トヨタ、テスラの順にみていこう。

>>記事の続きはこちら

無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT