トヨタの株価上昇、テスラの頭打ちを読み解く

1万円を突破したトヨタの株価に2つの要因

トヨタとテスラの株価が対照的な動きを見せている

「現在の株式市場での評価は(テスラに)完全に負けているが、われわれもそれを横で見ているだけではなく、確実に手を打っている」

2020年11月の決算説明会、アメリカの電気自動車(EV)専業メーカー・テスラに対する見解を問われたトヨタ自動車の豊田章男社長は、そう語っていた。

テスラの株価上昇はその後も続き、時価総額は一時8000億ドル(約80兆円)を超えた。が、今年に入ってテスラの株価が頭打ちとなる一方、トヨタは株価上昇が続き、両社の“差”が詰まってきている。

トヨタの株価が上場来高値を更新し、時価総額が30兆円に突破した6月初め、豊田社長は「リアルな事業や雇用を抱え、設備投資や開発投資をしている。『リアルな経営』が市場に評価されたのであれば、ありがたい」と口にしていた。そして、6月16日の株主総会前日には初めて株価が1万円を超えた。

では、両社の株価動向の要因は何か。トヨタ、テスラの順にみていこう。

>>記事の続きはこちら

無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT