最低賃金引き上げ、いま何を議論すべきなのか

菅政権が掲げる「より早期に1000円」への課題

最低賃金をめぐる議論が今年も始まった。菅政権は「早期の1000円」を目指している(撮影:今井康一)
毎年恒例の最低賃金をめぐる議論が6月22日の中央最低賃金審議会でスタートした。2012年以降、8年連続で最低賃金は大幅に引き上げられてきたが、今年は菅義偉政権が「より早期に全国加重平均1000円を目指す」ことを目標に掲げている。
最低賃金をめぐり、企業経営や労働の現場でいま何が起きているのか。茨城県の筑波山のふもとで旅館業を経営する吉岡鞠子氏、労働問題の第一人者である労働政策研究・研修機構の濱口桂一郎氏、全国の生協で働く人たちを束ねる全国生協労働組合連合会の柳恵美子氏の意見を聞いた。

「最低賃金以外の待遇改善策も考えて」

最低賃金の引き上げばかりが従業員の待遇改善策として取り上げられるのは、中小企業の経営者としては「正直厳しいな」というのが素直な気持ちです。

よしおか・まりこ/茨城県つくば市で390年余年続く老舗旅館の10代目女将。2006年から10年間、中央最低賃金審議会の使用者側委員を務めた(写真:筑波山江戸屋)

筑波山江戸屋には従業員に対するいろんな手当てがあります。例えば、旅館業という特性を生かして、知り合いの宿に研修として泊まることができたりします。四季折々の豊かな自然や伝統的な神社、お寺といった地域の環境を含め、ここで働いているから得られるメリットは小さくないと思います。

大切なのは、楽しく働けることではないでしょうか。私がここに嫁いできたころは、誰も新入りに仕事を教えず、「苦労しないと駄目だ。人を見て学べ、仕事とはつらいものだ」と言われました。今はまったく違います。そういう職場環境を変えてきたという自負はあります。>>記事はこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「異見百見」では以下の記事を配信しています。

最低賃金の大幅引き上げ、是か非か

最低賃金引き上げ、これまでの歴史と課題
 

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT