地銀の効率性が一目瞭然「経費率」ランキング

中京銀行の大胆な経費削減策が示す重要な意味

思い切った構造改革を決めた中京銀行だが、特に収益が厳しいわけではない(編集部撮影)

いよいよ思い切ったリストラに踏み切る地銀が出てきた。6月7日、愛知県の中京銀行が希望退職の募集を発表した。収益が細る中でも利益を維持しようと、地銀各行は人員削減に取り組んでいるが、その施策は採用抑制による自然減少によるもの。中京銀行は一歩踏み込んだ形だ。

ただ、中京銀行が特に収益的に厳しいわけではない。経営の効率性を計る経費率(営業経費÷業務粗利益、数値が低いほどよい)は76.56%と、地銀平均(75.8%)をやや上回る程度だ。

経費率ランキングでワースト1位となったのは山形県のきらやか銀行。経費率は100%を超えている。ただし、その要因は一時的なもので、投資信託を損切りした解約に伴う損失が大きく、業務粗利益が大きく落ち込んだことが響いた。

経費率が100%を超えたのはきらやか銀行だけだが、90%を超える銀行は6行、80%以上の銀行は35行ある。中京銀行が希望退職の募集に踏み切り、今年度に約3割の店舗数を削減するのは「経営体力のある今だからこそ、抜本的改革を行う」という理由から。

経費率の高い地銀にとって、中京銀行の決断は無視できないだろう。

>>地銀100社の「経費率」ワーストランキングはこちら
(無料の東洋経済ID登録でご覧いただけます)

デジタル特集「2021年版 地方銀行ランキング」で以下を配信しています。ランキングは無料の東洋経済ID登録でご覧いただけます。

健全性、収益性、成長性で採点
「総合」ワーストランキング

ワースト1位は唯一の10%超え
「不良債権比率」ワーストランキング

地銀の効率性が一目瞭然
「経費率」ワーストランキング

最も増やした地銀は22%増
「貸出増減率」ワーストランキング

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT