地方銀行100社「総合ランキング」でわかる格差

健全性、収益性、成長性、3つの指標で独自採点

経営再建の最中にあるスルガ銀行は貸出残高の減少が続いている(編集部撮影)

厳しい経営環境が続く中、全国に100ある地方銀行の格差はどれくらいあるのか。今回、銀行の体力を分析するために最新の2020年度決算を基にランキングを作成した。

国内すべての地銀を対象に、決算内容から健全性、収益性、成長性の3つに分けて配点し、点数の低い順に並べた(下図)。コロナ禍で今後も企業の倒産が増えると考えられるため、特に健全性(不良債権比率、自己資本比率)を重視して100点のうち50点を配分した。

3つの指標から総合得点を出し、ワースト1位となったのは静岡県のスルガ銀行。不正があったシェアハウス融資問題の影響もあり、不良債権比率が地銀の中で突出して高いことが得点に影響した。既存の融資の利回りが高いことから収益性は依然として高いが、その融資が返済されていくと収益の低下が避けられないため、厳しい状況が続く。

2位以降は比較的規模の小さな第2地銀が並ぶ。2位となった福井県の福邦銀行は収益性の得点が低かった。福邦銀行は同じ県の福井銀行との資本業務提携を2021年1月に発表している。

単独での生き残りが難しいという判断になれば、この先も提携や経営統合などの再編が活発化しそうだ。

>>地銀100社の「総合」ワーストランキングはこちら
(無料の東洋経済ID登録でご覧いただけます)

デジタル特集「2021年版 地方銀行ランキング」で以下を配信しています。ランキングは無料の東洋経済ID登録でご覧いただけます。

健全性、収益性、成長性で採点
「総合」ワーストランキング

ワースト1位は唯一の10%超え
「不良債権比率」ワーストランキング

最も増やした地銀は22%増
「貸出残高増減率」ワーストランキング

地銀の効率性が一目瞭然
「経費率」ワーストランキング

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT