地銀100社「最新決算ランキング」でわかる実力度

4つのランキングで地銀の「格差」を見える化

地方銀行の2020年度決算は期末に業績の上方修正が相次いだが、手放しで喜べない。

5月に出そろった2021年3月期の地方銀行決算。上場する全77社(グループ)のうち、半数を超える41社が最終増益、36社が減益となった。

コロナ禍で企業収益の悪化や倒産が増え、どの銀行も貸し出しに対する引き当てが増えると覚悟していた。が、実際は政府の補助金などが功を奏し、倒産の連鎖は回避された。「この着地は予想だにしていなかった」(関東圏の地銀の財務担当者)という声も出る一方、ある地銀幹部は「今後、2〜3年は厳しい決算になる」と浮かない表情だ。

地銀が2020年に積極的に取り組んだ無利子・無担保融資(3年間実質無利子、最大5年間元金返済不要)は2023年から多くの企業の利子返済が始まる。そのとき、業況が上向いておらず返済ができなければ、既存の融資が焦げ付くリスクがある。だからこそ、「今後、2~3年」が厳しいのだ。

健全性、収益性、成長性の3要素で分析

収益悪化で銀行の経営体力が低下していくと、生き残りをかけた銀行同士の提携や経営統合もますます加速するだろう。それを見越したかのように、昨年から今年にかけて日本銀行と金融庁は期間限定の再編支援策を打ち出している。

金融庁の氷見野良三長官は6月14日に都内で行った講演で、「(再編支援の)時限を意識して腹を決めて取り組んでほしい」と語った。要は、地銀に対して「躊躇なく生き残りの方策を決めろ」と言っているわけだ。

再編の帰趨を占うのは、単独で生き残れる体力がどこまであるかだ。それを見るため、未上場も含めた全国の地銀100行で最新の2020年度決算を分析。健全性、収益性、成長性といった要素を示す財務データを基に、以下4つのランキングを作成した。

東洋経済プラスのデジタル特集「2021年版 地方銀行ランキング」で以下の地銀ランキングを配信しています。無料の東洋経済ID登録でご覧いただけます。

健全性、収益性、成長性で採点
「総合」ワーストランキング

ワースト1位は唯一の10%超え
「不良債権比率」ワーストランキング

最も増やした地銀は22%増
「貸出増減率」ワーストランキング

地銀の効率性が一目瞭然
「経費率」ワーストランキング

解説/地銀の「格差」を見分ける3つのポイント

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT