大塚家具、ヤマダの「完全子会社化」でたどる末路

ヤマダ方式の改革加速、「大塚」の屋号存続に不安

買収時、ヤマダ電機(現ヤマダホールディングス)の山田昇会長(右)に大塚久美子社長(当時)は続投を許されたものの1年足らずで辞任。その後はヤマダ主導体制が強まった(撮影:尾形文繁)

既定路線とはいえ、あまりに早い展開だった。

家電量販店・ヤマダデンキなどを展開するヤマダホールディングス(以下ヤマダ)は6月9日、51%超の株式を持つ大塚家具を9月1日に完全子会社化すると発表した。大塚家具は8月30日付で上場廃止となる。

少子高齢化が進む国内で、家電だけでは商売が先細りするとみたヤマダは、リフォームや新築戸建て住宅、家具のSPA(製造小売業)などに事業を拡大してきた。そうした中で2019年12月、経営危機にあった大塚家具に51%超を出資。家具・インテリアも扱う「家電住まいる館」を中心に、100以上のヤマダ店舗で大塚家具の商品を販売するなど事業連携を進めてきた。

わずか1年半での方針転換

買収当時のリリースでは、「(大塚家具は)いずれのグループにも属さない事業体としてビジネスモデルを進化させてきた」とし、独立性を尊重すると掲げたヤマダ。わずか1年半での方針転換だ。

今回大塚家具を完全子会社化する理由を「迅速な意思決定下での抜本的な構造改革」を実現するためなどと説明している。複数の業界関係者は完全子会社化について、「買収された時点で想定内だった」と、淡々と受け止める。

しかし目を見張るのは、その判断のスピードだ。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。東洋経済ダイジェスト「ヤマダに染まる大塚家具」では以下の記事を配信しています。

大塚家具、ヤマダの「完全子会社化」でたどる末路

ヤマダの期待に応えられなかった大塚家具

2019年に大塚久美子社長はインタビューでこう語った

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT